人間スレスレ

PAでの活動を振り返るために書いていきます

冷静と情熱のあいだは平熱

約2ヶ月ぶりに仮交際が成立しました。

外見もファッションも全く好みではないけれども、話の幅は広いし活発だし内面は良し。身長と年齢は希望条件のギリギリ。

すごく上から目線の書き方ですが、51%の際どいライン。でもこれこそご縁かも知れぬ。

コンシェルジュは「ほらほら、やっぱり顔じゃないでしょう〜」と嬉々としていましたが、ときめきを感じていないので、応対する自分の口調はかなり冷めていたと思ふ。

ときめきドキドキを求めると失敗するってのは、よく聞きますけどね。どちらかというと危惧するのは、乙女の心のチン◯は勃つのかということですね。

 

私はかなり人の意見がダイレクトに響いてしまうタイプなので、肝心のところは周囲には話さないようにしていますが、今回はコンシェルジュがいます。今回の方、背中を押して来たりするタイプなんだろうか。。(※他の方のブログを読んでいるといわゆる、引き止め、などがあるけど、私は経験無)

 

というわけで聞いてみた。

コンシェルジュが推す方は希望有、そうでない方は希望薄、という認識で良いのですか?」

「そういうわけでないですけど(苦笑」

「今後、双方の熱意に差が生じた場合、結論を急がず一度考え直せといった引き止めはされますか?」

「特にそういうことはしませんよ。ただ、正直なお気持ちは私にお伝え下さい」

 

ここら辺は想像の範囲内のテンプレ回答だなーと。

コンシェルジュ推してくると、どうも反抗心が芽生えてしまうぜっ。